2016/04/30 (Sat) 『ファブリックの女王』

映画『ファブリックの女王』

2016-04-30-1.png



彩り豊かなMarimekko(マリメッコ)。


2016-04-30-2.png


創業者のアルミ・ラティア人生も彩り豊か、波乱万丈だったようですね


2016-04-30-3.png


見ているだけでうっとりするメリメッコ

絶対に見たい映画ですね


オフィシャルサイト → 




スポンサーサイト

映画と色 | trackback(0) | comment(0) |


2016/01/11 (Mon) Advanced Style

観ました

『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』

ニューヨークで撮影された、60代以上の女性のファッションスナップを掲載するブログ
「Advanced Style」に登場する女性たちに密着したドキュメンタリー。

2016-01-11-1.png



センスとファッションにただただ感激しました

自分のことをよくわかっていて、自分らしく、誰でもない
個性がとても素敵でした

色使いもとても勉強になりました
大胆な配色、多色使いなのにまとまっていて
なにより、自分に似合う色

ステキです~


自分らしく



いくつか画像を載せようと思ったのですが
どれもステキな写真ばかりで、選べませんでした

なので、1枚だけ。

2016-1-11-2.png

表情もステキです~


映画と色 | trackback(0) | comment(0) |


2015/01/08 (Thu) BILL CUNNINGHAM NEW YORK

冬休みは、ゆっくりDVDも観れました

その中のひとつ

『ビル・カニンガム&ニューヨーク 』
2015-01-08-1.jpg

ニューヨークを拠点にファッションのスナップ写真を撮り続けている

ビル・カニンガムの活動を淡々と記録したドキュメンタリー映画です。


ビル・カニンガムは、ニューヨーク・タイムズ紙のファッションコラムを長年担当、

ニューヨークの街角で50年以上もファッショントレンドを撮影してきた

ニューヨークを代表するファッション・フォトグラファーであり、

ストリートファッション・スナップの元祖的存在と言われています。

2015-01-08-3.jpg



映画の中の印象的だった言葉は

「ファッションは鎧なんだ。日々を生き抜くための。」

「美を追い求めるものは、必ず美を見出す。」



2015-01-08-4.jpg



年に2回、パリのファッションウィ-クで撮るらしいのですが

「目には、何度でも学ばせないと」と話してました。

2015-01-08-2.jpg


そして、「私は働いていない。好きなことをするだけです。」

「洋服だけしか撮らない」

「大女優を撮らない大バカと言われようが、撮るかどうかはファッション次第だ」

とも話していました。


正直に、ぶれずに、欲を出さずに、好きなことを続けること。

学ぶことの多い映画でした

映画と色 | trackback(0) | comment(0) |


2015/01/05 (Mon) The Grand Budapest Hotel

やっと見れました~

ずっと見たかった映画!!


The Grand Budapest Hotel
ブダペスト9


絵画のようにきれいなホテルが舞台の映画

ブダペスト6

舞台となるホテルは、古い元デパートを作り変えたらしいです。

ピンクが可愛すぎです!!

ブダペスト5


デザインや色使いがとってもワクワクする映画で

シーンのひとつひとつが絵を見ているようでした

お菓子の箱とか、ホテルのロゴとか、ひとつひとつが可愛い!!

ブダペスト2

ブダペスト1

衣装の色使いセンスも好きで、調べてみたらMilena Canonero。

協力はFENDIらしいですね。

ホテルマンやメイド、パティシエ、伯爵夫人など衣装がゴージャスで

目を惹きました。

ブダペスト7

ブダペスト3

殺し屋の黒の革のコートは、プラダが提供しているみたいですね。

ブダペスト4

なにもかもがが絵画のように色彩豊かな映像美で、ワクワクする映画でした



参考にしたい配色がとっても多くて、DVDが欲しくなりました



キャストも豪華でしたね!
ブダペスト10




メイキングのこの動画も面白いですよ!



映画と色 | trackback(0) | comment(0) |


2014/09/08 (Mon) YVES SAINT LAURENT

待ってました~

映画『イヴ・サンローラン』が公開になりましたね~

観てきましたよ~

2014-09-08-1.jpg

人の生き方を描いた映画なので、ファッションがメインではないのですが

やっぱり、衣装のひとつひとつが素敵でした

衣装は保存されていた当時のものだとか。

当時と現在のモデルの体型が違うので

サイズの合うモデルを探すのに大変だったそうですよ

2014-09-08-2.jpg

ディオール時代の「トラペーズライン」、自らのブランドでは、

「モンドリアンルック」「スモーキン」「シースルー」

そして、「サファリルック」や「ミリタリールック」

イブサンローランの創ってきたスタイルが、シーンの中に

取り入れられていて、見ごたえがありました


映画では、76年の民族服を取り入れた、フォークロアの代表作のコレクションを

再現したシーンもあり、とてもキレイで惹きこまれました


そして、今回の映画を観て、イヴよりパートナーのベルジェのことが少しわかった気がしたので、

以前のドキュメンタリー版『イヴサンローラン』をもう一度観たいなと思いました



たまに映画館で観ると、また映画を観たくなりますね

次は、コレかな

『グレース・オブ・モナコ』
2014-09-08-3.jpg

カルティエやディオールの衣装とか、エルメスとか

60年代のヘアスタイルとか

2014-09-08-4.jpg

とっても気になります~




映画と色 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

sasayayukie

Author:sasayayukie
札幌在住
カラーコーディネーター

Calendar

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR