2010/06/06 (Sun) アンダートーンとは

今日は、「アンダートーン」のお話


色を見たときの感じ方で、「暖かい感じ、冷たい感じ」というのが

ありますよね?よく「暖色」「寒色」といういい方をしますよね。

赤・橙・黄が「暖色」で青や青緑が「寒色」


これとは別で、「アンダートン」の分類方法があります

青み感じさせる色で、冷たくひんやり感のある色を

ブルーアンダーとトーン

黄みを感じさせる色で、暖かみのある色を

イエローアンダートーン」 といいます。

BUandYU


赤でも、ワインレッドのような紫がかった赤はやや冷たく感じられるので

「ブルーアンダートーン」

神社の鳥居のように朱色に近い赤は暖かく感じられるので

「イエローアンダートーン」に分類されます。

同じように、レモンの黄色は「ブルーアンダートーン」

夏ミカンの黄色は「イエローアンダートーン」というように

暖色・寒色に関わらず、アンダートーンで分類することができます。

例えば、ブルーでも、暖かい海のブルーや、ターコイズは

暖かく感じられるので、「イエローアンダートーン」に分類されます。


この「アンダートーン」もとにファッションやヘアカラー、メイクに応用して、個人の色

パーソナルカラー(似合う色)は、色の調和を考えます


デザインの配色を考える時にも、とても便利な分類で

同じアンダートーンの色は、調和がとれるので

お店のDMや、インテリア、お花のブーケ、ネイルカラー、パッチワーク・・・・

いろんなところで活躍しますよ

配色が苦手な方も、知っておくと力強い分類方法です


このお話は、パーソナルカラー検定の3級テキストに出ています



「アンダートーン」についてのフリータイムレッスンもできますよ~


『フリータイムレッスン★ 1時間2000円』

場所 『ZENIBAKO STYLE CAFE』

    北海道小樽市銭函2丁目43-9

      駐車場有
   
      JR銭函駅から徒歩10分位です♪


担当講師 笹谷幸恵 sasaya yukie
 
        美容系専門学校講師

      取得資格
     ・日本パーソナルカラリスト協会1級カラリスト
     ・AFT1級色彩コーディネーター
     ・東商1級カラーコーディネーター(ファッション)
     ・日本パーソナルカラー協会認定パーソナルカラーアドバイザー
     ・オーラライトカラーセラピーシニアセラピスト
        他

お問い合わせは、画面右のメールフォームよりお願い致します



スポンサーサイト

色の話 | trackback(0) | comment(0) |


<<素敵なお花のサロン*.。゚+. | TOP | 猫のジャックの日記☆2009年6月5日>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yukiturquoise.blog100.fc2.com/tb.php/192-9908c86b

| TOP |

プロフィール

sasayayukie

Author:sasayayukie
札幌在住
カラーコーディネーター

Calendar

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR