2010/02/17 (Wed) 『Kinky Boots』キンキーブーツ

最近お気に入りの映画のひとつになった『キンキーブーツ

kinki-boots

最初のシーンではまりました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

濃紺のタイツに、青みがかった真っ赤なヒールをはいて

ステップを踏む子供の足のシーン・・・・

かなり私好みの配色でした!!


どんなお話かというと・・・・。

 「どうしたらいい?」が口グセの優柔不断なチャーリーは、
 
  突然の父親の死で靴工場を相続する。

  しかしその直後、工場が実は倒産寸前だと判明!

  どうにか工場を救いたい彼のもとに舞い降りた天使は・・・

  ドラッグクイーンのローラだった。

  小さな女性用の靴を無理矢理はいている彼女を見たチャーリーは、

  伝統的な紳士靴の製造から男性用セクシーブーツ製造へと工場の方向転換を図る。

  ローラの意見を取り入れ、『危険でセクシーな女物の紳士靴 (Kinky Boots)』

   を作り上げたチャーリーは、ミラノの靴見本市に打って出る決意をする。


こんなお話

洋服大好きな私にとって、靴を作るシーンは興味深々。

商品を決めるときの、ヒールへの拘りや

赤の微妙な色の違いに拘るところなんかも、とても共感できました(´∀`*)

kinnki2

赤と言っても、ポピーの花のような赤もあれば、ワインに近い赤

いろいろあって、印象も様々ですからねっ


そして、倒産寸前なぎりぎりの状況の中、

いくら隙間産業でおもしろいアイディアだからといって、

ドラッグクイーンのブーツを選んで、会社を立て直そうとするなんて~

ストーリーもおもしろい映画です。

じ~んとくるシーンもいくつかあって、感動もありの映画。

実話をもとに作られた映画だそうですよ。


『Kinky Boots』(キンキーブーツ)

 イギリスのコメディ映画。
  実在の紳士靴メーカー 「W.J. Brookes Ltd」 がモデルになっていて、
 同社の工場を使用して撮影されたそうです。

kinnki4



スポンサーサイト

映画と色 | trackback(0) | comment(0) |


<<『オムライスボール』 黄色とマル.。o○ | TOP | 母の編み物☆玄関マットのその後>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yukiturquoise.blog100.fc2.com/tb.php/69-997855ec

| TOP |

プロフィール

sasayayukie

Author:sasayayukie
札幌在住
カラーコーディネーター

Calendar

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR